日本で「母の日」が最初に行われたのは大正時代と言われています。さらに広く一般的に普及したのは、第二次大戦後になります。

また、「母の日」にカーネーションを贈る習慣は、アメリカの「母の日」の創始者のアンナが、母親の大好きだった白いカーネーションを、追悼会で配ったことに由来します。これに日本の業界が倣って普及を後押ししたことから、カーネーションが母の日のプレゼントとして広まったのです。