毎年5月の第2日曜日は「母の日」ですね。今ではすっかりおなじみとなりましたが、由来は100年以上前のアメリカとなっています。

アメリカのフィラデルフィアに、アンナ・ジャービスという女性がいました。その女性の母親は、1905年5月に亡くなりましたが、母親を深く愛していたアンナは、1907年仲間と共に全国的な「母の日」の普及運動を始めたそうです。

そして彼女の母親の命日に、ウェストバージニアの教会で「母の日」を祝いました。これが5月の第2日曜日だったのです。

次第にこの運動は広まって行き、1911年までにはほとんどの州で「母の日」が祝われるようになりました。1914年当時のウィルソン大統領の提唱で、米議会は5月の第2日曜日を国民の祝日「母の日」と制定したそうです。